しゃべくり007の席替えの必要性について考えてみた。

最終更新:2018/11/15 月曜22時に日本テレビ系列で放送中のしゃべくり007は現在若者を中心に高い人気や視聴率を誇っていますがこれからもいままで通りの人気や視聴率が続くかどうかはわかりません。


又、ここ最近、Twitter等SNSの反応を見る限りしゃべくり007に対する不満のツイート数が増えてきているように感じます


その不満のツイートで多くみられるのが・誰々がまったく喋らない・映らない。・くりぃむしちゅーの割合おおすぎ。等が多いです。


確かに席替えをしくりぃむしちゅー有田が前に来てからよりくりぃむしちゅーの割合が多くなった気がします。後列からでも存在感を出していたくりぃむしちゅー有田が、前列に来ればより存在感が増しても不思議ではないでしょう。現段階ではしゃべくり007は高視聴率を取っていますが、この状況が続くと少しずつ視聴者が離れてしまう結果を招く恐れがあります。その為、しゃべくり007がこれからも生き残っていくために席順を変更し弱点の解消をしていくべきだと思います。

ということで今回はしゃべくり改革案(席順)を考えてみます。


合わせて読みたい関連記事

しゃべくり007の視聴率と放送内容一覧


月曜22時番組の視聴率バトルについて考えてみる



まずはこれまでの席順の経緯(初期)

有田 原田 福田 ホリケン

 徳井 ゲスト 名倉  MC上田


2014年4月~(番組6年目~)

徳井 ホリケン 福田 原田

 有田 ゲスト 名倉  MC上田


現在のしゃべくりの問題点

①徳井があまり喋らなくなった。②原田の存在感の低下③名倉&ホリケンによる名物である師匠コントが無くなった。④くりぃむに偏った進行


①について、徳井はもともとがんがん前に出るタイプ。遠くから野次を入れるタイプの芸人ではないのでMCの近くに置くことで、喋りやすい環境を作る。②について、原田は芸風が個人で笑いを取るタイプではなく、周りと連携しながら笑いを作っていくタイプなので、周りと連携しやすく、連携技ができる人(有田)の隣に置く。③について、席順が変わって名倉とホリケンの位置が遠くなったため師匠コントが出来なくなっている状況である。よってホリケンが名倉の席に行きやすくする配置にする。④について、MCが上田ということもあるが以前よりもくりぃむに偏った進行をしていて、周りがあまり活躍できない。よって後ろからでも十分笑いが取れる有田を後列に戻し、連携中心に動いてもらう。


この4つをもとに席順を考えると

有田  原田  福田  徳井

ホリケン ゲスト 名倉 MC上田


これがベストな席順だと思います。この席順によって、上記の問題点だけでなく福田の隣に徳井がいることによって連携ができやすく福田を使った新しい笑いができたりホリケンが前列に来ることによりホリケンの前に大きなスペースがある為、動きを使ったネタで笑いを生み出しやすいというメリットもあります。一つ懸念材料があるとすればゲストの横にホリケンでゲストが萎縮しないかという点。。。


皆さんはどう考えますか?


今後もしゃべくり007についてチェックし続けていきますのでお楽しみに


最後までご覧いただきありがとうございました。他にもバラエティ・ドラマ・特番など様々な記事を書いていますのでよければ見たい情報を↓のカテゴリーから探してみてはいかがでしょうか


Twitterで更新情報をツイートしていますので良ければフォローお願いします