女芸人No.1決定戦THE Wの個人的感想①(放送日、MC&審査員、審査ルール)

女芸人No.1決定戦THE Wの個人的感想①(放送日、MC&審査員、審査ルール)について述べていきたいと思います。※あくまでも個人的な感想です。ご了承ください

女芸人No.1決定戦THE Wの個人的感想

①放送日が謎:放送日は12/11(月)20:00~22:54だがもともと日本テレビの月曜日は・有吉ゼミ・世界まる見え・深イイ話・しゃべくり007 と視聴率的にも強く長年続いてきた番組が揃っていて他局に圧倒的な視聴率の差をつける曜日なので通常編成でも、また上記のどれかの番組のSPでも十分対応できたのではないか。


THE Wのような特番を放送するならば比較的視聴率が苦戦している(水)(木)にやってみても良かったのではないか。


合わせて読みたい関連記事

2018年も女芸人No.1決定戦が開催へ


②MC、審査員が謎

MC:徳井義実(チュートリアル)、間宮祥太朗、水ト麻美アナウンサー

ゲスト審査員:柴田理恵、新川優愛、ヒロミ、生瀬勝久、吉田沙保里、若槻千夏


まずはMCだが女芸人の真剣勝負の舞台のMCとして「今からあなたを脅迫します」番宣要員?である間宮祥太朗はいらなかったと思う。どうしても真剣勝負特有の緊張感が無くなってしまう。次にゲスト審査員だがまずゲスト審査員にある程度お笑いを知っている人が「ヒロミ」くらいしかいない。

もう少しお笑いを知っている上沼恵美子や久本雅美あたりを審査員に入れても良かったのではないだろうか。

番組側がどう考えているのかはわからないがゲスト審査員の顔ぶれを見る限りは「THE W」は「M-1」のような真剣勝負の場ではなく「紅白歌合戦」のようなエンターテインメントの勝負の感じを目指しているのかなと感じた。

③決勝ルールが分かりにくい
女芸人No.1決定戦「THE W」の決勝には10組が出場
決勝ルール(1対1の対戦方式で勝った5組が最終決戦に進出)
最終決戦は5組がネタを行い一般審査員とゲスト審査員の得票数の一番多かった人が優勝となる。

上記の通り非常に分かりにくい決勝ルールとなっている。基本的にはM-1のような得点勝負の方がよいと思う。もしくは逆に5組1グループで2グループ作りそれぞれで得票数が一番多かった2組での最終決戦という形の方が良かった気がする。

今回の記事では・放送時間・MC、審査員・審査方式(決勝ルール)について個人的な意見・感想を書いたがまだまだ言いたいことがあるのでそれも記事にしたいと思う。
次の記事は実際の女芸人のネタについて書いていく予定。

※12/13追記

最後まで読んでいただきありがとうございました。他にもバラエティ・ドラマ・特番の視聴率や番組改編情報など様々な記事を書いていますのでよければ見たい情報を↓のカテゴリーから探してみてはいかがでしょうか