女芸人No.1決定戦THE Wの個人的感想③(最終決戦得票数と感想)

女芸人No.1決定戦THE Wの個人的感想③(最終決戦得票数と感想)※個人的感想①、②をまだ読まれていない方は先に読んでいただけるとありがたいです。

以前の記事はコチラ

女芸人No.1決定戦 THE Wの個人的感想①女芸人決定戦THE Wの個人的感想②


2018年も女芸人No.1決定戦 THE W開催へ


女芸人No.1決定戦 THE W 最終決戦(感想)

ニッチェ ※第1試合(VSはましょー)(285票獲得)最終決戦

「ニッチェ」の最終決戦のネタは親子ネタ。ネタ自体がほんわかする気持ちになるようなネタなのでたいして大きな笑いは起こらなかった。何故、最終決戦にこのネタを持ってきたのか。このネタを持ってきた辺りが、優勝を本気では目指していない。どこかすでにテレビで売れているコンビの余裕が見えた。


アジアン※一回戦(VS紺野ブルマ・300票獲得)

最終決戦の感想:「アジアン」の最終決戦のネタは一回戦と同じく正統派漫才。個人的には一回戦のネタの方が面白かったと思うがそれでも十分面白い漫才だっただけにもっと票数を取っててもおかしくない。一回戦と最終決戦のネタが逆であればもっと良い結果になった可能性も。


牧野ステテコ※一回戦(VS中村涼子・211票獲得)

最終決戦の感想:やはり「牧野ステテコ」のネタはすこし前の「にしおかすみこ」や「まちゃまちゃ」のネタに近い。キャラは確かにインパクトがあるが肝心なネタの中身の部分がまだまだ弱いかなというのが正直な感想。キャラはなかなか濃いので今後深夜バラエティー中心に出演が増えていく可能性は大いにある。


まとばゆう※一回戦(VS押しだしましょう子・286票獲得)

最終決戦:「まとばゆう」はネタの形を1回戦と少し変えて最終決戦に臨んできたが、1回戦よりもピアノの実力がより目立って肝心の笑いの部分がまだまだ弱いかなという印象を受けた。「まとばゆう」のネタ自体の構成が単調な為、短い時間(1分)の方が向いている。


ゆりあんレトリィバァ※一回戦(VSどんぐりパワーズ・345票獲得)

「ゆりあんレトリィバァ」の最終決戦のネタはドラえもんで日頃の不満と解決方法を喋るというネタ。一回戦よりも最終決戦のネタの方が個人的にはより面白かったと思う。ピンでこれぐらい笑いを取れるのは女芸人の中ではNo.1!なかなか男芸人でもいないと思う。それくらい良い出来だったのではないか。


女芸人No.1決定戦 THE W 最終決戦(結果)

1位(201票)ゆりあんレトリィバア

2位(89票)牧野ステテコ

3位(47票)アジアン

4位(33票)ニッチェ

5位(31票)まとばゆう


ゆりあんレトリィバァが2位に大差をつけての優勝。ゆりあんレトリィバアのネタの面白さは断トツだったので、この結果に文句はない。それよりも2位が牧野ステテコという事に正直驚いた。現在は「正統派漫才」よりも「キャラ芸」の方が好まれるという事なのだろうか。確かにインパクトはあったが。


最後になるが女芸人No.1決定戦THE Wは放送後SNS等で色々と批判されてはいるが視聴率もまぁまぁとっているようなので内容等の改良をして来年以降も続けてほしいと思う。


最後までご覧いただきありがとうございました。他にもバラエティ・ドラマ・特番の視聴率や番組改編情報など様々な記事を書いていますのでよければ見たい情報を↓のカテゴリーから探してみてはいかがでしょうか