TBS金曜ドラマ『コウノドリ』最終話視聴率と全話平均視聴率 - ひたすらテレビ番組

TBS金曜ドラマ『コウノドリ』最終話視聴率と全話平均視聴率

TBS金曜ドラマ『コウノドリ』最終話視聴率と全話平均視聴率

~TBSドラマ『コウノドリ』最終話視聴率~

スポンサーリンク

 10.8%(前回より0.3% UP or DOWN)

 

~『コウノドリ』全話視聴率~

 第1話 12.9%

 第2話 11.8%

 第3話 11.9%

 第4話 13.6%

 第5話 10.6%

 第6話 11・0%

 第7話 11.7%

 第8話 12.9%

 第9話 12.3%

第10話 11.1%

 最終話 10.8%

 


~『コウノドリ』全話平均視聴率~

 11.87%

※最終話視聴率情報が分かり次第更新。



~最終話のあらすじ~

サクラ(綾野 剛)は、出生前診断でお腹の赤ちゃんがダウン症候群と診断を受けるも、産むことを決意した透子(初音映莉子)と向き合っていた。まだ不安が拭えない透子に今橋(大森南朋)はある〝詩〟を教える。
一方、父・晃志郎(塩見三省)が亡くなり、「ペルソナを頼む」と告げて、地元に帰った四宮(星野 源)は、自らの今後について悩んでいた。そんな四宮の様子に気付いたサクラはとある人物と会わせることに。そして、学生時代からずっと共に過ごしてきた下屋(松岡茉優)白川(坂口健太郎)に別れは訪れた。新たな研修先を見つけた白川がついにペルソナを離れることに。「寂しくない」と強がる下屋に白川がかけた思いがけない言葉とは─。

そんな中、小松(吉田羊)の同期である武田(須藤理彩)が出産の日を迎える。順調に思えた出産にまさかの出来事が…!?

 




~コウノドリ全体のあらすじ~

前回と同様、原作のエピソードをベースにオリジナルに取材した題材を加え、「生まれてきたことの意味」「命を授かる奇跡」を丁寧に描きながら、生まれてくる赤ちゃんとその家族の出産後の未来、それに取り組む医療者たちの「未来」を見据えたエピソードを展開して行きます。
新たな命に触れることにより生まれる葛藤、思いがけず乗り越えなくてはいけない試練、そして、医師や助産師、看護師たち医療関係者が抱くそれぞれの決意とは─?

 

 

TBS系金曜ドラマ『コウノドリ』公式ガイドブック (ヤマハムックシリーズ185)TBS系金曜ドラマ『コウノドリ』公式ガイドブック (ヤマハムックシリーズ185)
 
Amazon

 


↓ドラマ視聴率については

ドラマ視聴率



↓テレビ番組については

視聴率情報まとめ

 

トップページへ戻る

関連記事
最新記事
全記事表示リンク
月別アーカイブ
スポンサーリンク
お問い合わせ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

視聴率マニア

Author:視聴率マニア
テレビ番組・ドラマの視聴率を随時更新中です。
ここに載っていない情報がありましたらコメントにて
連絡していただけるとありがたいです。

Twitterにてブログ更新情報をツイートするので
よかったらフォローお願いします。

カテゴリ
おすすめ
ブログランキングサイト
当サイトはブログランキングに参加しています。 良ければ1日1ポチっとしていただけるとうれしいです。
テレビ番組ランキング     にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
Twitter