民放各局の2018年正月特番視聴率バトルの行方は?

最終更新:2018/07/30 民放各局の正月特番視聴率バトルの行方はどのテレビ局が制したのでしょうか。民放各局が揃って毎年お正月に大型特番を放送していますが果たして正月特番対決を制したのはどの民放なのか?順位はどうなったか?を見ていきたいと思います。

調査対象となるのは2017年12月29日~2018年1月3日までの6日間とします


参考にする視聴率は下記の記事から1月5日現在で判明している番組視聴率のみ

※注意事項:日本テレビを日テレ、テレビ朝日をテレ朝、テレビ東京をテレ東、フジテレビをフジとっ表記します。


12月29日番組視聴率









では早速見ていきましょう。

○12/29正月特番視聴率バトルの結果は?
明石家さんまのご長寿グランプリが高視聴率を獲得したTBSが1位を獲得!テレ朝はよゐこの無人島0円生活で勝負を挑んだが一歩及ばず。日テレ、フジ、テレ東の番組の視聴率は判明していませんが11.4%以下であることは判明しているので

12/29の民放の視聴率順位は
1位TBS、2位テレ朝、3位以下日テレ、フジ、テレ東という結果に。

TBSがまず一勝を獲得!日テレは過去数字が取れていたエンタの神様と有吉の壁を投入しての3位以下は非常に痛い結果になりました。

○12/30正月特番視聴率バトルの結果は?
ダマされた大賞を放送した日テレが1位を獲得!しかしテレ朝のアメトーークやTBSのレコード大賞も高視聴率を獲得している。その為1~3位に関してはほとんど差がない結果となった。フジ、テレ東に関しては視聴率は判明していないが4位以下であることは判明している。

12/30の民放の視聴率順位は
1位日テレ、2位テレ朝、3位TBS、4位以下フジ、テレ東という結果に。

テレ朝が12/29に続き2位をキープ。12/29に続き上位3つを日テレ、テレ朝、TBSが独占する結果となった。フジ・テレ東としてはなんとか盛り返していきたいところ。

○12/31正月特番視聴率バトルの結果は?
12/31の番組の視聴率はかなりの部分が公表されているので細かい情報まで知ることが出来る。それによると12/31大晦日はやはりNHK紅白歌合戦の数字が高く民放各局の視聴率を見るとかなり苦戦しているのがわかる。

しかし主に若者が見るようになっている絶対に笑ってはいけない!を放送した日テレが1位を獲得。他局との差を大きくあける結果となった。

12/31の民放の視聴率順位は
1位日テレ、2位テレ東、3位フジ、4位TBS、5位テレ朝という結果に。

12/31はこれまでの2日間と違いテレ朝,TBSがかなり苦戦している。逆にテレ東はNHK紅白と同じジャンルの音楽番組で勝負し2位を獲得している。

○1/1正月特番視聴率バトルの結果は?
テレ朝が1/1元日恒例になっている芸能人格付けチェックや相棒を放送し見事1位を獲得!日テレはTOKIO×嵐で勝負を挑んだがテレ朝には一歩及ばず2位という結果に。TBS、フジ、テレ東に関しては視聴率は判明していないが3位以下であることは確実である。

1/1の民放の視聴率順位は
1位テレ朝、2位日テレ、3位以下TBS、フジ、テレ東

テレ朝が再び1位を獲得し日テレとの差を広げる形となった。一方で、TBSは1/1の番組が苦戦し視聴率トップ争いから脱落か!?

○1/2正月特番視聴率バトルの結果は?
テレ朝が定番のとんねるずのスポーツ王で1位を2日連続獲得!2位には特番池の水を全部抜く!が高視聴率を獲得しなんとテレ東がランクイン!日テレは人気番組しゃべくり007を持ってきたが二桁ギリギリしか視聴率がとれず3位。フジは中居&ナイナイ日本一周を放送したが予想以上に数字が取れなかったようである。

1/2の民放の視聴率順位は
1位テレ朝、2位テレ東、3位日テレ、4位TBS、5位フジ

1/3テレ朝が視聴率順位がよほど下位にならないかぎりテレ朝の全体1位がほぼ確定になりつつある。後は日テレVSTBSテレ東VSフジの戦いも見逃せない。

○1/3正月特番視聴率バトルの結果は?
他の日に比べて視聴率が判明していない番組が多く視聴率順位も付けにくいが判明している部分だけを見ると上位2つはテレ朝とフジその下にTBSで下位2つが日テレとテレ東と予想できる。テレ朝は「君の名は。」フジはVS嵐が高視聴率を獲得!一方日テレは歌唱王とナカイの窓で視聴率を取りに行ったが、うまく取れず。

1/3の民放の視聴率順位は
1位テレ朝、2位フジ、3位TBS、4位日テレ、5位テレ東

テレ朝が1/3も1位を獲得し正月特番視聴率バトルを制した。2位は日テレで12/29と1/3の苦戦が
響いた結果となった。3位はTBSで12/29,12/30は良かったが後半の失速が響いた。4位5位は視聴率不明分の勝負で決まってくると思うが予想としてはフジがVS嵐の高視聴率で最後逆転しているのではないかと予想する。

というわけで民放各局の正月特番視聴率バトルの最終結果は
1位テレ朝、2位日テレ、3位TBS、4位フジ、5位テレ東である可能性が高い。

最後までご覧いただきありがとうございました。他にもバラエティ・ドラマ・特番の視聴率や番組改編情報など様々な記事を書いていますのでよければ見たい情報を↓のカテゴリーから探してみてはいかがでしょうか