関ジャニ冠番組『ペコジャニ∞!』は番組改編を乗り切れる?それとも番組終了?

関ジャニ冠番組『ペコジャニ∞!』は番組改編を乗り切れる?それとも番組終了?
関ジャニ∞の冠番組である『ペコジャニ∞!』が、2018年4月の番組改編を乗り越えられるのかを放送回数・視聴率等から考えてみたい。


まず『ペコジャニ∞!』の簡単な基礎知識から


『ペコジャニ∞!』とは?

TBS系列で2017年10月30日から
毎週月曜日22:00から放送されている関ジャニの冠番組である。



『ペコジャニ∞!』放送日・視聴率・具体的な番組内容は?

※10月30日、11月6日放送回の情報は含まれていない。






上記の情報を基に本題の番組改編を乗り切れるかを考えてみる
※使用するのはペコジャニ∞!初回(2017年10月30日)から現在(2018年1月29日)までのデータである。



ペコジャニ∞!放送回数:期間中の月曜日14回中、放送7回

放送回数だけみると2週間に1回という放送頻度であるが
12月、1月の年末年始特番時期の為、TBS系列の他のレギュラー番組よりも若干放送回数が少ないかなという印象に留まる。
この放送回数の情報だけではまだ判断できず。
2~3月の放送回数が番組改編されるかの判断材料として大事になってくるのではないか。
注目してみていきたい。



平均視聴率:約5%

平均視聴率を見ると判明している回数は少ないが約5%と低調である。
ペコジャニ∞!の前に放送されていた番組が7%前後取っていた事を考えると
2018年4月の番組改編期でペコジャニ∞!にも何らかのテコ入れをしてくる可能性が非常に高い。
平均視聴率約5%の状態のままだとペコジャニ∞!番組終了してしまう可能性が高いだろう。



しかしまだ乗り切れる可能性も残されている。
それは
1月29日にペコジャニ∞!初めての2時間SPを放送するが
通常回は視聴率が低くても
スペシャルで数字が取れれば
番組内容変更や最悪でも特番として番組が残る可能性はある。


1月29日の裏番組のゲストも強くないXJAPAN Toshiが出演ということ視聴率が取りやすい好条件なので、1月29日のペコジャニ∞!2時間SPで視聴率8%前後・それ以上は取りたいところである。



2時間SP視聴率8%以上取れたかどうかで
番組改編を乗り切れるかどうかが決まると考えている。



放送後、視聴率情報が判明でき次第



さて、どうなる『ペコジャニ∞!』
番組改編を乗り切れるのだろうか。。。
関連記事