ドラマ特別企画 がん消滅の罠~完全寛解の謎~の視聴率と放送内容は?

最終更新:2018/11/20 2018/4/2にTBSで放送されるドラマ特別企画 がん消滅の罠~完全寛解の謎~の視聴率や放送内容についてまとめていきたいと思います※ドラマ特別企画 がん消滅の罠~完全寛解の謎~視聴率と放送内容については情報が判明でき次第随時更新
ドラマ特別企画 がん消滅の罠~完全寛解の謎~とは累計41万部を突破した話題沸騰中のベストセラー。様々な所で絶賛されている医療本格ミステリーである。著者:岩木一麻


放送内容:日本最高峰のがん医療を提供する日本がんセンターの呼吸器内科医・夏目典明(唐沢寿明)は、生真面目で誠実な性格で、同僚や患者にも評判が良い優秀な医師である。一方、同僚の研究医・羽島悠馬(渡部篤郎)は、診察などの臨床を全くしない上に、他の医師を寄せ付けず一人で研究に没頭する変わり者で、院内でも浮いた存在。そんな二人は高校時代からの親友であり、夏目は周囲が苦手とする羽島に対しても物おじせず、医師としての羽島の豊富な知識を買っており、何かと助言を求めることが多い。

夏目はこの日、自らが担当した末期がん患者のがんが消えたという謎について羽島に相談していた。小暮麻里(柴本幸)という女性の患者で、肺にがんが広がる肺腺がんであった彼女は、夏目が担当した時点ではすでに余命が半年という状況で治る見込みはなく、生命保険の事前給付金も受け取っていた。しかし半年後、麻里のがんはすべて消え去り、完全寛解したのだ。夏目と羽島は、奇跡は起こらないと思いつつも、麻里のがん寛解について理由がわからず、頭を抱える。

一方、麻里のがん寛解について、不審だと感じた人物が他にもいた。夏目、羽島の高校時代からの同級生で、生命保険会社の調査部に勤める森川雄一(及川光博)と、その部下・水島瑠璃子(渡辺麻友)である。森川と瑠璃子は、麻里が生命保険に加入してから8ヶ月という早さでがんを発症した点、本人の収入の割合に比べて高額の保険に加入していたという点、そしてがんが完全寛解したという3つの点において疑問を抱き、保険金詐欺の可能性を夏目に糾弾する。

そんな中、夏目の患者がさらにもう一人、がんを克服する。麻里と同じ末期の肺腺がんだった横山宗彦(みのすけ)も、生命保険の生前給付金を受け取ったのち、完治が不可能とされたがんが寛解したのだ。不可解な完全寛解に警察までが麻里、横山の保険金詐欺を疑い、夏目はがんセンターから謹慎を言いつけられる。納得がいかない夏目は、がん消滅の謎を独自に追うことに。

果たして、これは医学の奇跡なのか。それとも何者かの陰謀なのか。さらには殺人事件まで発生し、警察から追われる身となった夏目は、この事件の背景にある新進気鋭の病院の存在に気づく。それは、フリーライターをしている夏目の妻・紗季(麻生久美子)が調べている病院・湾岸医療センターだった。事件を追う夏目と羽島の前に現れた湾岸医療センターの医師・宇垣玲奈(りょう)。そして、その背後には夏目が行方を追い続けていた恩師・西條征士郎(北大路欣也)の影が見え隠れする。果たして、事件の全貌には何が隠されているのか──。がん消滅の謎とは──。


ドラマ特別企画 がん消滅の罠~完全寛解の謎~出演者:唐沢寿明・渡部篤郎・及川光博・麻生久美子・渡辺麻友・柴本幸・手塚とおる・加藤虎之介・勝野洋・吉田鋼太郎・りょう・北大路欽也

今回のドラマ特別企画 がん消滅の罠~完全寛解の謎~の視聴率は?



今後もドラマ特別企画 がん消滅の罠~完全寛解の謎~についてチェックし続けていきますのでお楽しみに

最後までご覧いただきありがとうございました。他にもバラエティ・ドラマ・特番について様々な記事を書いていますのでよければ↓のカテゴリーから見たい情報を探してみてはいかがでしょうか

Twitterで更新情報をツイートしていますので良ければフォローお願いします