コンフィデンスマンJP全話視聴率推移まとめ

最終更新:2018/07/29フジテレビ月曜ドラマ「コンフィデンスマンJP」全話視聴率推移についてまとめています。※全話視聴率推移については情報が入り次第随時更新コンフィデンスマンJPは2018年4月9日よりフジテレビ月曜21:00~から放送されているドラマである。
コンフィデンスマンJP 第1話ストーリー:ダー子(長澤まさみ)は、天才的な頭脳と抜群の集中力で、難解な専門知識も短期間でマスターしてしまうコンフィデンスウーマン=信用詐欺師。高級ホテルのスイートルームに居を構える、破天荒な上に天然で、いい加減なところもある女性だ。そんなダー子と組んでいるのは、お人よしで小心者ゆえにいつもダー子に振り回され、早く詐欺師稼業から足を洗って真っ当に生きたいと願っているボクちゃん(東出昌大)と、超一流の変装技術を持ち、生まれながらの品の良さを生かして相手を騙すリチャード(小日向文世)だ。ダー子が新たなターゲットとして目を付けたのは、公益財団『あかぼし』の会長・赤星栄介(江口洋介)。表の顔は文化芸術やスポーツの振興、慈善事業にいそしむ名士だが、その裏では経済ヤクザとして暗躍し、日本のゴッドファーザーとも呼ばれる男だった。赤星は何よりも仲間を大切にし、そのファミリーは鉄の結束で結ばれているとも言われていた。ダー子は、国税庁からマークされている赤星が、莫大な現金資産を海外に持ち出そうともくろんでいると推測。貨物船舶の船長に扮したリチャードを赤星に接触させる。ところが、なぜかその正体がバレてしまったリチャードは瀕死の重傷を負い、病院に収容されてしまう。詐欺師稼業をやめて一度はダー子のもとを離れていたボクちゃんは、知らせを受けてリチャードの敵を討つと決意。ダー子とともに赤星を騙すための作戦を立てるが…。コンフィデンスマンJP出演者:長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、江口洋介、吉瀬美智子、石黒賢、佐野史郎、かたせ梨乃、内村光良ほか

ドラマ視聴率

合わせて知りたい視聴率
視聴率(月曜日)


番組別視聴率(フジテレビ)


次作のフジテレビ月9ドラマの全話視聴率は絶対零度~未然犯罪潜入捜査~全話視聴率推移


月9ドラマが視聴率を取れなくなった原因とは?


シグナル


ヘッドハンター


モンテ・クリスト伯


『コンフィデンスマンJP』全話視聴率推移は?

※視聴率情報が入り次第下記にて随時更新していきます。


第10話 最終話(6/11放送)視聴率:9.2%(6月11日テレビ番組視聴率)


第9話(6/4放送)視聴率:9.5%(6月4日テレビ番組視聴率)


第8話(5/28放送)視聴率:8.3%(5月28日テレビ番組視聴率)


第7話(5/21放送)視聴率:8.9%(5月21日テレビ番組視聴率)


第6話(5/14放送)視聴率:8.2%(5月14日テレビ番組視聴率)


第5話(5/7放送)視聴率:9.3%(5月7日テレビ番組視聴率)


第4話(4/30放送)視聴率:9.2%(4月30日テレビ番組視聴率)


第3話(4/23放送)視聴率:9.1%(4月23日テレビ番組視聴率)


第2話(4/16放送)視聴率:7.7%(4月16日テレビ番組視聴率)


第1話(4/9放送)視聴率:9.4%(4月9日テレビ番組視聴率)


最後までご覧いただきありがとうございました。他にもテレビ番組・ドラマの視聴率・改編情報など様々な記事を書いていますのでよければカテゴリー一覧から知りたい情報を探してみてはいかがでしょうか?