サッカーAFC女子アジアカップ2018 W杯最終予選 日本VS韓国(4月10日)視聴率と試合結果は?

最終更新:2018/08/18 2018年4月10日にテレビ朝日系列で放送される「サッカーAFC女子アジアカップ2018 W杯最終予選 日本VS韓国」の視聴率や結果&予想フォーメーションについてまとめています。※視聴率や試合結果については情報が入り次第随時更新
今回のサッカー女子アジアカップ2018は2019年に行われる予定のW杯の予選も兼ねており今回のアジアカップの予選リーグ各グループ上位2チーム+5位決定戦を制したチームの5チームがアジア代表としてW杯出場できる。

『サッカーAFC女子アジアカップ2018 W杯最終予選 日本VS韓国』
※FIFAランキングは3/23時点での順位です。
日本代表(FIFAランク11位)、韓国代表(FIFAランク16位)

日本が所属するグループBのチームは日本(FIFAランク11位)、オーストラリア(FIFAランク6位)、韓国(FIFAランク16位)、ベトナム(FIFAランク35位)の4チームである。


正直な話かなり難しいグループに入ってしまったと思う。しかしこの中で上位2チームに入れば無条件でW杯出場権を獲得できるわけで、万が一上位2チームに入れなくても3位で終わることが出来ればグループAの3位と5位決定戦を戦い勝てばW杯出場権を獲得できる。FIFAランクだけで言えば日本はグループの中ではオーストラリアに次いで2番目であるが、3番目の韓国とそこまでFIFAランクに差がない事を考えると、本日の韓国戦とオーストラリア戦とは直接勝負で引き分け以上が求められてくるでしょう。


現時点(4/10)時点でのグループリーグ結果
1,日本 勝ち点3 (残り韓国・オーストラリア)
2,オーストラリア 勝ち点1 (残りベトナム・日本)
2,韓国 勝ち点1 (残り韓国・ベトナム)
4,ベトナム 勝ち点0 (残りオーストラリア・韓国)

合わせて読みたい関連記事









今回の「サッカーAFC女子アジアカップ2018 W杯最終予選 日本VS韓国」視聴率は?
※視聴率情報が分かり次第↓にて更新予定


最後までご覧いただきありがとうございました。他にもテレビ番組・ドラマの視聴率と放送内容や番組改編情報について様々な記事を書いていますのでよければ↓のカテゴリーから見たい情報を探してみてはいかがでしょうか