スペシャルドラマ 検事・悪玉(6月10日)の視聴率と出演者は? - ひたすらテレビ番組

スペシャルドラマ 検事・悪玉(6月10日)の視聴率と出演者は?

テレビ朝日で2018年6月10日に放送されるスペシャルドラマ「検事・悪玉」の視聴率や放送内容についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

合わせて知りたい視聴率
テレビ番組視聴率(日曜日)


単発特番視聴率等


番組別(日本テレビ)


番組別(テレビ朝日)


番組別(TBS)


番組別(テレビ東京)


番組別(フジテレビ)


番組別(NHK)


上記以外の記事を探している方は
カテゴリー一覧



『検事・悪玉』
放送日:2018年6月10日21:00~23:05 180610


出演者
阿久田正紀(橋爪功)
善田まなみ(真野恵里菜)
木暮省吾(六角精児)
宮原哲司(山崎一)
桑村良雄(佐戸井けん太)
葛西修平(金子昇)
最上信子(床嶋佳子)
志神恭司(木下ほうか)ほか


番組内容
橋爪功が、偏屈で口は悪いが天才的な捜査能力を持つ異色の検事、通称「アクダマ」を演じるスペシャルドラマ!
かつて戦隊ヒーローとして人気を博し、いまは参議院議員を目指すタレントの葛西修平(金子昇)が、駅前広場で演説している最中、木々の間に仕掛けられた火薬が破裂し、葛西や聴衆たちに硫酸が降り注ぐ事件が発生。広場はパニック状態になる。現場に駆けつけた警視庁捜査一課の若手刑事・善田まなみ(真野恵里菜)は、木の枝にくくりつけられた和紙に書かれた「苦しみを知れ」という言葉を犯行声明とみて、無差別テロと推理。そこに遅れてきた東京地検・検事の阿久田正紀(橋爪功)は、現場に飛び散った硫酸の濃度に差があることから、「これは無差別テロではない」と断言する。そして阿久田と同様、「無差別テロを装い、演説中の葛西を狙った犯行」と推理していたのが、警視庁捜査一課・管理官の志神恭司(木下ほうか)。敵味方構わず検挙し、彼が通った後には屍が横たわるといういわれから“シニガミ様"と呼ばれている…。


6/10放送のスペシャルドラマ 検事・悪玉視聴率は?

※情報が入り次第↓にて更新予定
視聴率:%(6月10日テレビ番組視聴率)







最後までご覧いただきありがとうございました。
他にもテレビ番組・ドラマの視聴率・改編情報について様々な記事を書いていますのでよければカテゴリー一覧から見たい情報を探してみてはいかがでしょうか?

関連記事
最新記事
月別アーカイブ
スポンサーリンク
自己紹介
テレビ番組・ドラマの視聴率を随時更新中です。 ここに載っていない情報がありましたらコメントにて 連絡していただけるとありがたいです。 Twitterにてブログ更新情報をツイートするので よかったらフォローお願いします。
カテゴリ
お問い合わせ
RSSリンクの表示
QRコード
QR