日曜もアメトーークが2018年9月末で番組打ち切りへ!原因と後番組について考えてみる

テレビ朝日系列で2016年10月より毎週日曜日18:57~放送されている雨上がり決死隊の冠番組である「日曜もアメトーーク」が2018年9月末で番組打ち切りになる事が決まったそうです。主な原因は何なのか?後番組は何になるのか?について考えていきたいと思います。
報道されている日曜もアメトーークの打ち切り原因は↓
①毎週木曜日放送のアメトーークを含め週2日も放送することによるネタ切れ
⇒日曜もアメトーークは毎週日曜日放送とはなっているが、実際には1ヵ月に1回程度の放送に留まっており日曜もアメトーークを放送する事が直接のネタ切れの原因とは考えにくい。

②雨上がり決死隊宮迫博之が疲弊している。
⇒宮迫博之は雨上がり決死隊としてのお笑いの仕事やピンでの仕事(お笑い・俳優)も多くある超人気芸人の為、疲弊している可能性は否定できない。ただでさえ忙しい状況で日曜もアメトーーク収録の長時間に及ぶ拘束はきつかったのだろうか。

上記以外にも原因の1つとして考えられるのが日曜もアメトーークの視聴率問題である

数字が判明していないため、どのくらいの視聴率を日曜もアメトーークが獲得しているのか。視聴率による打ち切りなのか判断できないが低視聴率であれば打ち切りの原因の1つとなってくるだろう

日曜もアメトーークの後番組は何になるのか?
現段階で日曜もアメトーークは月1程度の放送の為、後番組は特に決めずに単発特番を入れてくるのではないだろうかと予想される。またあたらしい情報が入り次第随時情報を更新していきたいと思いますのでお楽しみに。

最後までご覧いただきありがとうございました。他にもバラエティ・ドラマ・特番の視聴率や番組改編情報など様々な記事を書いていますのでよければ見たい情報を探してみてはいかがでしょうか?

関連記事