半分、青いの追加キャストが発表!有田哲平・小西真奈美・小関裕太らが決定。役柄は?

2018年に放送されている連続テレビ小説「半分、青い」の追加キャストが公式HPより発表されたという事で追加キャストの役柄等についてまとめていきたいと思います。※追加キャストについては新しい情報が発表され次第随時情報を更新予定。
「半分、青い」追加キャストとして今回(7/19)発表されたのが有田哲平・小西真奈美・小関裕太・山田真歩の4名である。

追加キャスト4名のそれぞれの役柄は?

有田哲平:津曲雅彦役…岐阜・梟町のつくし食堂に、突然現れたうさんくさい男。かつては大手広告代理店に勤めていたが、独立し、“ヒットエンドラン”という会社を立ち上げる。商品プランニング、マーケティング、コンサルティング・・・様々な事業を展開しているというが、具体的に何をしているかは不明。後に鈴愛の人生に大きな影響を与える。

小西真奈美:加藤恵子役…津曲の妹で主婦。廃校を利用したシェアオフィスにて“グリーングリーングリーン”という会社を1人で立ち上げる。30歳を過ぎ起業したこの会社、儲けは二の次に、自分の大好きな緑色と手触りの良さに特化した商品を開発している。当の本人も全身緑色のものをまとい、一面緑色のオフィスでモノづくりを行っている。

合わせて読みたい関連記事



小関裕太:健人役…つくし食堂で見習いとして働く青年。両親は日本人だが、アメリカ生まれのアメリカ育ちのため、おかしな日本語を話す。夢はアメリカでカツ丼を広めること。楡野家に居候し、鈴愛の部屋を自分色に染めている。

山田真歩:西園寺麗子役:ブッチャーの姉。何不自由ない環境で育ったせいか、幼少の頃から性格も“ブッチャー”そのもの。その上、自意識過剰なところがある。いつまでも結婚しないことに両親は心配するが、そんな麗子にも転機が訪れる。

半分、青い追加キャスト(有田哲平・小西真奈美・小関裕太・山田真歩)の出演時期は?
※情報が入り次第随時更新予定

最後までご覧いただきありがとうございました。他にもバラエティ・ドラマ・特番の視聴率や番組改編情報など様々な記事を書いていますのでよければ見たい情報を↓のカテゴリーから探してみてはいかがでしょうか