【テレビ朝日水曜ドラマ】相棒season17の全話視聴率推移まとめ

最終更新:2018/12/13 10~12月にテレビ朝日系列で放送される水曜ドラマの相棒season17の全話視聴率推移についてまとめています。※相棒season17の全話視聴率推移については放送終了後判明でき次第随時更新予定
「相棒season17」とは2018/10/17より毎週水曜21:00~放送される大人気ドラマである。

「相棒season17」ドラマ紹介(※#1あらすじ):国家公安委員を務める大学教授・三上冨貴江(とよた真帆)の自宅で殺人事件が発生した。殺害されたのは、鬼束学園の理事長・鬼束鐵太郎(中田博久)。副理事長を務める鬼束鋼太郎(利重剛)が、妻である冨貴江のために父を殺したというのだ。というのも、冨貴江の不貞の証拠を掴んだ鐵太郎が、冨貴江を鬼束家から追い出す算段を進めていたので、それを阻止するためだったという。冨貴江は、自身の社会的立場を守るため、鋼太郎に促されるまま事件の隠蔽を手伝うことに。数日後、殺害の裏事情を知る鐵太郎の若い後妻・祥(谷村美月)によって失踪届が出されるが、写真誌「週刊フォトス」の記者・風間楓子(芦名星)が、鐵太郎の失踪と祥の放蕩を面白おかしく書き立てたことで世間が注目。記事を読んだ右京(水谷豊)と亘(反町隆史)、そして特命係に“左遷”された青木(浅利陽介)は、失踪に端を発する一連の経緯に興味を持ち、独自に調べ始める。国家公安委員長の鑓鞍兵衛(柄本明)にまで事情聴取の網を広げた右京は、鐵太郎がすでに殺害されていると確信し、自身のクビを懸けて鬼束家を捜索するが…!?

相棒season17出演者:水谷豊、反町隆史、浅利陽介、仲間由紀恵、石坂浩二、及川光博、岸部一徳、成宮寛貴、寺脇康文ほか多数


前作のテレビ朝日水曜ドラマについては刑事7人の全話視聴率推移まとめ

合わせて読みたい関連記事







「相棒season17」全話視聴率推移は?


#9:15.0%(12/12視聴率)

#8:12.0%(12/5視聴率)

#7:15.1%(11/28視聴率)

#6:16.4%(11/21視聴率)

#5:13.6%(11/14視聴率)

#4:15.2%(11/7視聴率)

#3:15.6%(10/31視聴率)

#2:17.9%(10/24視聴率)

#1:17.1%(10/17視聴率)


最終話まで相棒season17についてチェックし続けていきますのでお楽しみに

最後までご覧いただきありがとうございました。他にもバラエティ・ドラマ・特番について様々な記事を書いていますのでよければ↓のカテゴリーから探してみてはいかがでしょうか

Twitterで更新情報をツイートしていますので良ければフォローしていただけるとうれしいです