年末時代劇スペシャル剣客商売「手裏剣お秀」の視聴率と出演者まとめ

最終更新:2018/12/21 フジテレビで2018/12/21に放送される年末時代劇スペシャル剣客商売「手裏剣お秀」の視聴率と出演者についてまとめていきたいと思います※年末時代劇スペシャル剣客商売「手裏剣お秀」の視聴率と出演者は情報が判明でき次第随時更新中

年末時代劇スペシャル剣客商売「手裏剣お秀」基本情報


手裏剣お秀 


2018/12/21 21:00~23:12


放送内容:美しき女剣士・秀に迫る恐るべき襲撃計画!父と娘の人生を変えた運命の果たし合いとは!?小兵衛の太刀が真実を暴く!


秋山大治郎(斎藤工)は、門人の飯田粂太郎(内野謙太)より、長屋の隣の部屋に住む益田忠六(金山一彦)ら三人の浪人が、人殺しの計画を立てているのを聞いたことを受け、父親の秋山小兵衛(北大路欣也)に相談をする。小兵衛が探りを入れると、浪人たちが狙っているのは、品川台町で一刀流を指南し、手裏剣の達人でもある杉原左内の娘・秀(比嘉愛未)だった。秀は、数カ月前に父親を亡くしたため道場を引き継ぎ、師範として品川台に住む町人や農夫に剣術を教えていたが、そのことをよく思わない旗本の子息である若侍三人が道場に乗り込み、秀の返り討ちにあう。これに逆恨みした侍たちは浪人を雇い、復讐を企てていたのだ。さらに、江戸の街で暗躍していた別の浪人たちからも、命を狙われているらしいとわかり、事件は混沌とした闇に包まれていく…。そんな中、小兵衛が秀の前に現れ、父親をほうふつとさせるその姿に、秀は心を許し始める。小兵衛らは浪人の襲撃計画の背後にある因縁を探りながら、秀という女剣士の中にある剣士の心を感じていく。そこには、亡き父との約束があった…。そして、若侍たちの復讐と、浪人たちの襲撃計画がじりじりと進行し、ついに秀に絶体絶命の危機が訪れる。


出演者:北大路欣也、貫地谷しほり、斎藤工、古谷一行、國村隼、比嘉愛未


合わせて読みたい関連記事

番組別視聴率(フジテレビ)


視聴率(金曜日)


特番視聴率


ドラマ視聴率



12/21の年末時代劇スペシャル剣客商売「手裏剣お秀」の視聴率

12/21視聴率



今後も年末時代劇スペシャル剣客商売「手裏剣お秀」についてチェックし続けていきますのでお楽しみに


最後までご覧いただきありがとうございました。他にもバラエティ・ドラマ・特番について様々な記事を書いていますのでよければ当サイト(ひたすらテレビ番組視聴率)目次から探してみてはいかがでしょうか


Twitterで更新情報をツイートしていますので良ければ↓からフォローしていただけるとうれしいです。