後妻業の全話視聴率推移まとめ【フジテレビ火曜ドラマ】

最終更新:2019/2/17 フジテレビ系列で1~3月期に放送される火曜ドラマ「後妻業」の全話視聴率推移についてまとめています。※後妻業の全話視聴率推移については情報が入り次第随時更新予定

「後妻業」とはフジテレビ系列で2019/1/22より毎週火曜21:00~放送されるドラマである。


「後妻業」ドラマ紹介:武内小夜子(木村佳乃)は、“後妻業"をなりわいとする女。大阪の結婚相談所『ブライダル 微祥』で社長を務める柏木亨(高橋克典)と組み、男をたぶらかす天性の才能で、富裕層の高齢男性の後妻となり、夫の死後に多額の遺産を手にする手法で荒稼ぎしていた。ある日、柏木の計画のもと、元教師の中瀬耕造(泉谷しげる)と見合いをした小夜子は、まんまと後妻の座につき、遺言公正証書を書かせることに成功。しかし、耕造にはまだ財産があることを知り、隠し場所の金庫を何とか開けようと画策する。その頃、東京では、内縁の夫と設計事務所をかまえる耕造の次女・中瀬朋美(木村多江)が、大阪で一人で暮らす年老いた父の身を案じていた。その矢先、姉の西木尚子(濱田マリ)から耕造が倒れたと知らせが。慌てて病院に駆けつけると、耕造が4度目の結婚をしていたことを知り、さらに、病院にふさわしくない派手な格好で現れ、耕造の妻だと名乗る同い年の小夜子に驚がくする。 しかし小夜子は、夫婦関係を疑われると、幸せいっぱいの耕造と写った結婚写真を見せ、普段から連絡ひとつ寄こさない朋美たち娘を薄情だと言い放つ。やがて、耕造の容体が安定したため東京に戻った朋美は、父が結婚詐欺に引っかかったのだと考え、探偵事務所に調査を依頼。すると、やってきたのは朋美の先輩で、元刑事の私立探偵・本多芳則(伊原剛志)だった。


後妻業キャスト:木村佳乃、高橋克典、木村多江、葉山奨之、長谷川朝晴、篠田麻里子、平山祐介、田中道子、河本準一(次長課長)、濱田マリ、とよた真帆、泉谷しげる、伊原剛志ほか


ドラマ視聴率


前作:【フジテレビ火曜ドラマ】僕らは奇跡でできているの全話視聴率推移まとめ


合わせて読みたい関連記事

番組別視聴率(フジテレビ)


視聴率(火曜日)


【フジテレビ オトナの土ドラ】絶対正義の全話視聴率推移


【フジテレビ木曜劇場】スキャンダル専門弁護士QUEENの全話視聴率推移まとめ


【フジテレビ月曜ドラマ】トレース~科捜研の男の全話視聴率推移まとめ


【フジテレビ オトナの土ドラ】さくらの親子丼2の全話視聴率推移



「後妻業」全話視聴率推移


#5:(2/19視聴率)


#4:5.9%(2/12視聴率)


#3:6.2%(2/5視聴率)


#2:6.5%(1/29視聴率)


#1:8.7%(1/22視聴率)



最終話まで後妻業をチェックし続けていきますのでお楽しみに


最後までご覧いただきありがとうございました。他にもバラエティ・ドラマ・特番など様々な記事を書いていますのでよければ当サイト(ひたすらテレビ番組視聴率)目次から探してみてはいかがでしょうか


Twitterで更新情報をツイートしていますので良ければフォローお願いします