なつぞらの全話視聴率推移【連続テレビ小説】

最終更新:2019/4/19,連続テレビ小説のなつぞらの全話視聴率推移についてまとめていきたいと思います。※対象期間は2019/4/1(初回)以降。※なつぞらの全話視聴率推移の更新は毎週月~金曜予定(※月曜に金・土・日曜の数字を更新※月曜が祝日の場合は火曜)

連続テレビ小説「なつぞら」はNHKで毎週月~土曜放送の朝ドラである。NHK総合で8:00~8:15放送。

なつぞらとは連続テレビ小説第100作目のドラマ。1946(昭和21)年初夏、戦争が終わり、奥原なつ(9)は柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。剛男の義父・泰樹は偏屈者で知られていた。泰樹は、なつを厄介(やっかい)者と言いながらも内心、不憫(ふびん)に思っていた。子どもながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを懸命に手伝う。なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術(すべ)をとことん叩き込む。なつも天真らんまんな子どもらしさを取り戻していく。やがて、なつはすてきな馬の絵を描く少年・山田天陽と出会う。天陽から当時、アメリカで流行(はや)っていた漫画映画の魅力を教えられ、絵が動く夢のような世界があるのかと感動する。高校生になり、なつは天陽の影響で、絵を描く仕事に夢を持ち始めていた。そんな折、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ…。なつに旅立ちの日が近づいていた―。

出演者:広瀬すず、岡田将生、藤木直人、松嶋菜々子、草刈正雄、清原翔、福地桃子、平尾菜々花、工藤阿須加、小林隆、音尾琢真、戸次重幸、吉沢亮、小林綾子、犬飼貴丈、山田裕貴、安田顕、高畑淳子、仙道敦子、中原丈雄、北乃きい、冨田望生、柄本佑ほか

合わせて読みたい関連記事

これまでに放送されたなつぞらの全話視聴率推移

公式HP⇒なつぞら

3週(4/15~4/29)「なつよ、これが青春だ」

  • #18:
  • #17:
  • #16:22.2
  • #15:23.6
  • #14:23.4
  • #13:22.6

2週(4/8~4/13)「なつよ、夢の扉を開け」

  • #12:21.6
  • #11:22.0
  • #10:21.9
  • #9:23.1
  • #8:22.1
  • #7:22.5

1週(4/1~4/6)「なつよ、ここが十勝だ」

  • #6:21.0
  • #5:22.3
  • #4:22.4
  • #3:23.0
  • #2:20.9
  • #1:22.8

最後に

ご覧いただきありがとうございました。他にもバラエティ・ドラマ・特番など様々な記事を書いていますのでよければ当サイト(ひたすらテレビ番組視聴率)目次から探してみてはいかがでしょうか。今後もなつぞらの全話視聴率推移をチェックし続けていきますのでお楽しみに